引っ越し後に済ませる手続き

引っ越しというのは本当に「かなり大変な一大イベント」であり、単に引っ越し作業が終わればそれで大丈夫、というわけではありません。

 

これからの新生活をスタートさせるにあたって、さまざまな手続きもしておかなければいけませんよ。

 

引っ越し後に済ませるべき手続き一覧

引っ越し後に済ませなければいけない手続きとしては、以下のようなものが挙げられます。

 

新居を管轄する役所に、旧居住所の転出証明書を持参し、転入届を提出
新住所での住民票の取得
健康保険や年金の住所変更手続き
運転免許証の住所変更手続き
車検証の住所変更手続き
銀行やクレジットカード会社などへの住所変更手続き
電気・ガス・水道の利用開始(業者への連絡や立会いが必要なケースあり)
新居でのインターネット開通の手続き
事前に固定電話の新設予約をしていた人は、その確認

 

これを見ると、まずやらなければならないことは、電気ガス水道のライフラインの利用開始はもちろんですが、「役所に転入届を出して、新住所の住民票などを出してもらえる状態にしないと、他の住所変更手続きも進まない」ということがよく分かりますね。

 

転入届の提出は「引っ越し日から14日以内」と、そこそこ日数的に余裕がありますが、できるだけ早いうちに済ませるようにしておくことが大切です。

 

こういうところもチェックしておこう!

「引っ越し後の手続き」というのとはちょっと違いますが、ぜひチェックしておきたいものとしては「ゴミ出しの曜日と分別ルールをすぐに確認しておく」というのが挙げられますね。

 

引っ越し後は何かと多くのゴミが出やすいですから、なるべく早く新居のゴミ出し曜日とルールに慣れて、サクサクとスムーズにゴミ出しができるようにしていきたいものです。

 

ゴミ出しのカレンダーや分別ルールについての説明書きなどは、大家や管理会社が用意してくれることも多いですが、それがない場合は、役所などに行けばそうした用紙が置いているケースが多いので、転入届を出す際にもらってくるのがおすすめです。
また、こうした用紙には、その地域の清掃センターの連絡先や地図なども記載されているので「引っ越し後に出る大量のゴミを収集日ごとにちまちま出すのは大変なので、センターまで持っていきたい」という人にも役立ちますよ。