一人暮らしスタートのために必要なお金

一人暮らしをスタートさせるためのお金って、どのくらい必要だと思いますか?

 

「とりあえず、引っ越し費用と当面の家賃が払えるだけのお金があればいいんじゃないの」と思われるかもしれませんが・・・実は、なかなかそうはいきません。

 

一人暮らしのスタートを切るためには、意外とお金がかかるものなんですよ。

 

こんなにかかる!賃貸契約においてかかるお金

ではまず「賃貸契約そのものによってかかってくるお金」というのがどれだけあるのか、項目別の相場とともにざっと挙げていきましょう。

 

前家賃(最大で家賃1ヵ月分、入居日のタイミングによって日割り計算になることもあります)
家賃
敷金(関西では保証金とも言う、家賃1ヵ月分から3ヵ月分程度の物件が多いが、50万円くらいかかる物件もある)
礼金(家賃1ヵ月分から3ヵ月分程度)
更新料(家賃1ヵ月分から2ヵ月分程度)
共益費・管理費(数千円から1万円程度)
不動産屋への仲介手数料(家賃1ヵ月分)
火災保険料(おおむね1〜3万円程度の範囲)

 

いかがでしょうか。

 

これを見ると、敷金・礼金・更新料がすべて、「家賃1ヵ月分」という、かなり良心的な物件であっても、上記の項目をすべて考慮してみると、家賃6ヵ月分以上のお金が必要になる、ということが分かります。

 

近年では「敷金礼金ゼロ」などといった物件も増えてきていますが、そうした物件は「家賃が割高になりやすい」という落とし穴があることも少なくありませんよ。

 

その他においてかかるお金

さて、「賃貸契約においてかかるお金だけでも、家賃6ヵ月分ぐらいかそれ以上は必要」というのだけでもクラクラしてしまいそうなのですが、残念ながら、一人暮らしをスタートするにあたって必要なお金は、これだけではありません。

 

引越し費用や、新居で必要となる家具・家電・日用品などの費用もかかってきます。

 

引っ越し業者はどこを選ぶか、荷造りなどを引っ越し業者にどこまでまかせるか、家具や家電・日用品などをどれだけ購入するか・・・などによって必要金額には大きな幅がありますが、一人暮らしの場合、総額で10万〜30万円くらいとなるケースが大半、と言えるでしょう。

 

一人暮らしを始めるために必要なお金の合計額は?

では、これらのさまざまな「必要な支払い」を考えた上で、一人暮らしを始めるのに必要なお金はいくらなのかというと・・・

 

家賃10万円以下の、一般的な相場の物件に引っ越すのであれば、新生活スタートのための総費用として、可能であれば100万円は用意しておきたいところです。

 

100万円あれば、敷金・保証金が特に高額な一部の物件を除いては、これまでに挙げてきた数々の支払いにも対応できます。

 

それに、すべて支払った後も、ある程度のお金は手元に残るでしょうから、「いざという時の出費の備え」にすることもできるのです。