必要な荷造り用品はこれだ!

引っ越しのための荷造りをするためには、「適切な荷造り用品を手元に揃えておく」ということが大切。

 

いざ荷造りを開始した際に「あれがない、これがない」という状態では、余計な時間がかかってしまいますからね。

 

段ボール箱の調達について

荷造り用品で真っ先に思いつくものと言えば、荷物を入れるための段ボール箱ですよね。

 

これは、スーパーなどによくある「みかんの箱」など無料で置いているものをりようするのはおすすめできません。

 

一度荷物を入れて、開封した形跡のある段ボール箱は、強度がかなり落ちている可能性があるので、引っ越し荷物を入れるのには不向きなんですよね。

 

また、野菜などが入っていた箱の場合、「箱の内側に野菜の汁がついていて、日がたつにつれてそれがカビてしまう」などというリスクが出てしまうこともあります。

 

段ボール箱を買うなら、ここはケチケチせず、ホームセンターなどで売っている、しっかりとした新品を買うのがおすすめです。

 

ただし・・・すぐに段ボール箱を買いに走るのは、ちょっと待って下さい。

 

引っ越し業者を利用して引っ越しをする場合、引っ越し業者が、サービスとして段ボール箱を提供してくれることも少なくありません。こういうサービスを受けられれば、わざわざ自分で段ボール箱を買う必要もないわけです。

 

ですから、引っ越し業者が現地見積もりに来てくれた際には、「段ボール箱の無料サービスがあるかどうか」「あるとすればどのくらい提供してもらえるのか」を確認しておきましょう。

 

段ボール箱以外の荷造り用品

では、段ボール箱以外に、必要となる荷造り用品を挙げていきましょう。
漏れのないよう、しっかりチェックしながら用意して下さい!

 

油性のマジックペン(太めの黒と赤)
荷造り用ビニールひも
ガムテープ
古新聞
軍手
ハサミ
布団圧縮袋
衣類が多い場合は衣類圧縮袋
ブルーシート

 

とりあえずこれだけの荷造り用品を揃えておけば、たいていの荷造りには対応できます。

 

油性のマジックペンが、どうして黒だけでなく赤も必要なのかというと、これは「黒で箱の中身を書き、赤で目立つように注意書きを書く」という使い分けができるからです。

 

あと「軍手や古新聞・ブルーシートってなんで荷造りに必要なの?」と思われるかもしれませんが、軍手は、荷造り時の手を汚れやケガから守るための必需品。

 

古新聞は食器を梱包する際などのクッション代わりに使えますし、ブルーシートは荷造り時に床に敷くことで、「荷物の落下やこすれなどで、床が傷つくリスクを大幅に減らす」という役割があります。