賃貸でも保険の加入は必要か!?

賃貸物件の入居にあたっては、近年ではほとんどの場合「必ず保険(火災保険)に入りなさい」という趣旨の内容が、重要事項や契約内容に盛り込まれています。

 

ですが、こうしたことを強制されてしまうと、「持ち家なら火災保険の契約をしろっていうのも分かるけど、なんで借りてるだけなのに保険契約しなきゃいけないのか」と、反発したくなる人も居るでしょう。

 

賃貸でも、保険の加入は必要なのでしょうか?

 

賃貸物件における保険の必要性

賃貸物件に入居するだけでも、保険(火災保険)に加入することは本当に必要なのかというと、これはズバリ「絶対に必要」というのが答えです。

 

しかも、賃貸物件の入居者が加入させられる保険というのは、その大半がただの火災保険ではなく「借家人賠償責任保険」や「個人賠償責任保険」などの特約までセットされた総合保険となっています。中にはさらに、「地震保険」までセットされたものもありますね。

 

なぜ、こんなガチガチに特約までつけた、大げさな保険をつけなければいけないのかというと・・・

 

これは、「入居中のトラブルや損害を広範囲にカバーするには、どうしてもこれくらいの保険が必要になってくるから」です。

 

たとえば「自宅での失火や、隣の住戸からのもらい火などで家財が燃えてしまった」という状態なら火災保険だけでカバーできますが、「水をあふれさせて下の階にまで水漏れしてしまった」など、自分のせいで、自分の家財だけでなく建物そのものや、他人の家財にまで被害を及ぼしてしまった場合は、借家人賠償責任保険や個人賠償責任保険による保証が必要になってくるのです。

 

ちなみに、このケースの場合、建物への損害に対する補償は借家人賠償責任保険から大家に支払われ、下の階の人への、水漏れによる家財被害に対する補償は個人賠償責任保険から支払われる、ということになります。

 

医療保険も入っておこう

というわけで、火災保険にさまざまな特約をプラスした総合保険は、自分と近隣の住民のためにも、絶対に加入しておかなければならない保険ですが、保険と言えば、「自分の健康のための保険」も忘れてはいけませんね。

 

最低でも、医療保険ぐらいは加入しておきましょう。

 

こうした保険は、死亡保障の大きさを比較して決める人も多いですが、極端な話「単身者にとって、多額の死亡保障は無意味」です。

 

それよりも、万が一入院した時に、入院費の負担等を気にしないで療養に専念できるだけの保障をつけたほうが安心なのです。

 

おすすめなのは、入院1日につき10000円の給付が出るタイプの医療保険。これなら、入院による出費を気にしなくてもいいだけでなく、仕事を休んだマイナス分もある程度カバーできます。

 

多少の貯金がある人なら、入院費と、こまごました雑費のみをカバー、ということで、日額5000円の給付プランを選んでもかまいませんよ。