敷金が必要な理由とは

近年では、「敷金(保証金)不要」といううたい文句の賃貸物件もちょくちょく見かけるようになりましたが、まだまだ賃貸市場では、敷金が必要な物件というのが大半ですよね。

 

ですが、敷金って、なんで必要なのでしょう?

 

敷金が必要な理由

敷金を必要とする物件が、なぜ今もこんなに多いのかというと・・・敷金というのは、大家や管理会社にとって「万が一の時に使えるお金」として、非常に有効なお金だからです。

 

どういうことかというと、「入居者が家賃の支払いを滞納したまま逃げた」「退去後の部屋の修繕にお金がかかった」などという場合、この敷金をその資金にあてることができるんですよ。

 

つまり敷金とは、「もしもの時のための預り金」なのです。

 

だからこそ、「家賃の延滞は一切なく、退去時も経年による自然劣化以外の損傷や汚れはゼロ、さらに入居者がハウスクリーニングを頼んで最大限の掃除をしていった」というような場合は、敷金は全額返還されることになります。

 

敷金と保証金の違い

さて、おもに関西方面の賃貸住宅では、「敷金」という項目がなく、その代わりに「保証金」という項目があるのが目立ちます。

 

実際「保証金=敷金のこと」と解釈するのが一般的なのですが、実は敷金と保証金とは、少しだけ違う部分があります。

 

それは・・・保証金の多くには「敷引〇万円」という但し書きがついている、ということ。この敷引というのは、「退去時に修繕費にあてる費用の一部などとして、問答無用でこの金額は差し引きますよ」という趣旨のお金。

 

つまり、保証金が30万円で、敷引10万円の物件の場合、退去時に返却されるお金は、最大でも「保証金から敷引分を差し引いた20万円」ということになるのです。

 

敷金や保証金ゼロの物件のほうがいいの?

さて、敷金や保証金についての内容を知ると、「敷金や保証金って面倒なシステムだな、だったら敷金や保証金ゼロの物件を探したほうがいいかな」と思われるかもしれませんね。

 

ですが、敷金や保証金というのは「大家や管理会社に安心感を与える」というメリットを持っているんですよ。

 

敷金や保証金不要の物件というのは、大家や管理会社にとって、いざという時の金銭リスクが高い分、家賃も高めに設定されているケースが少なくないのです。

 

それを考えると「敷金や保証金が不要な物件のほうがお得とは限らない、むしろ長い目で見れば損になることも多い」と言えますね。