勝手にやっても大丈夫?賃貸物件のスペアキー作成

賃貸物件のひとり暮らし。何かあった時のために、家族や恋人にスペアキーを渡しておきたい・・・ということで、自分の住戸のスペアキー作成をしようと考える人は少なくありません。

 

ですがスペアキーって、入居者が勝手に作成しても大丈夫なものなんでしょうか?

 

スペアキーの無断作成は、基本的にはNG!

「入居者が、スペアキーを無断で作成してもいいのか」というと、基本的にはNGです。

 

「自分が済む住戸なんだから鍵ぐらい好きにさせてよ」と思われるかもしれませんが、賃貸契約というのはあくまで、鍵も含めて「他人所有のモノとスペースを、お金を払って借りている」というだけの状態に過ぎません。

 

ですから、スペアキーの取り扱いをどうするか、というのを決める権利は、大家などの物件所有者側にあるのです。

 

きちんと打診をすれば認めてもらえる可能性大

「自分には勝手にスペアキーを作る権利がないなら、家族にスペアキーを渡すのはあきらめないといけないのか」と思われるかもしれませんが、事情をきちんと話せば、最低限のスペアキーの作成は認めてくれるケースも少なくありません。

 

「いざという時のために、ひとつだけ親にスペアキーを渡しておきたい」などと事情を話せば、理解してくれる可能性が高いでしょう。スペアキー作成の費用は、もちろん原則として入居者の負担となります。

 

ただし、近年は賃貸物件でもセキュリティに対する意識が高まっており、「スペアキーを作ること自体が困難」というタイプの鍵を使用した物件もかなり出てきています。
こうした物件の場合スペアキー作成許可を得るのは難しいですし、仮に許可を得られたとしても、スペアキー作成に手間と時間を要する分、スペアキーそのものが高額になりますよ。

 

退去時にはすべてのスペアキーを返却しよう!

当たり前のことですが、許可を得て作成したスペアキーは、退去時には「すべて」回収して、大家や管理会社に返却するようにして下さい。

 

「スペアキーは私がお金を払って作ったんだから、私に権利がある」と思われるかもしれませんが、もし、後日になって「スペアキーの一部が返却されなかった住戸で盗難事件が発生した」ということになると、あらぬ疑いをかけられてしまう可能性もありますよ。

 

そもそも、普通に考えて、退去した住戸の鍵なんて、何の役にも立たないのですから、「持ち続けておく必要がない」ものなのです。

 

必ず、全スペアキーの返却をしておきましょう。