保証会社って何?

賃貸物件の契約において、「連帯保証人が必要だと言われたけれど、連帯保証人のなり手が居なくて困っている」という人にとって、強い味方となってくれるのが保証会社です。

 

保証会社とはいったいどういうものなのでしょう?

 

保証会社とは

保証会社とはごく簡単に言えば、「一定のお金を支払って契約することで、あなたの連帯保証人代わりになってくれる存在」です。

 

連帯保証人というのは「入居者が家賃を払えない場合は肩代わりしなければいけない」という、とんでもなく責務の重い立場なので、近年では親族どころか家族でさえも、連帯保証人になるのを断るケースが増えてきていますので、そうした事情で困り果てている人にとっては「保証会社が連帯保証人代わりをしてくれる」というのは、非常に頼もしいですね。

 

保証会社による審査

というわけで、連帯保証人がダメなら保証会社に保証してもらう、という手があるのですが、残念ながら、保証会社というのは「所定の利用料さえ支払えば、誰でも無条件に保証してくれる」というわけではありません。

 

保証会社は、保証対象となる入居者の審査をした上で、「保証しても大丈夫そうな人かどうか」を判断します。

 

この保証審査の内容は、当然のことながら保証会社のトップシークレットですので教えてはくれませんが、基本的には収入や勤務先および勤続年数、借金やクレジットカードがあればその返済履歴などが調べられる、と言われています。

 

ですから保証審査というのは、クレジットカード契約やローン申し込みなどの審査と似たようなものだ、と考えておけばいいでしょう。
実際「クレジットカードの契約が問題なく通る人であれば、保証審査もおおむね通る」という通説があるくらいです。

 

保証会社を利用している人が、家賃の支払いを遅らせてしまったら?

さて、ここで気になるのは、保証会社を利用して賃貸物件に入居した人が、家賃の支払いを遅らせてしまったらどうなるかというと・・・

 

とりあえず一時的に、保証会社が立て替えてくれます。

 

ですがこれで安心してはいけませんよ。保証会社がやってくれるのはあくまで「家賃の立て替え」であって「入居者の家賃支払い義務をかぶってくれる」というわけではないのです。

 

ですから、保証会社は立て替えた家賃を入居者に請求する権利を持っています。そして、保証会社による取立ては、結構厳しいものになることも多いですよ。
保証会社としては「何としても建て替えた費用を払ってもらわないと困る」という立場ですから、ある程度厳しくなるのは当たり前なんですけどね。

 

とは言え、「連帯保証人をつけるにしろ、保証会社を利用するにしろ、家賃の滞納は絶対にしてはいけない」という、人としてごく当たり前のことを守っておけば、取立てにおびえる必要もありません。

 

利用料はどれくらいかかるの?

「保証会社から保証を受けるには、どれくらいの利用料を支払わなければいけないのか」という点も気になりますよね。

 

これは保証会社によって差はありますが、「最初に家賃半月分から1ヵ月分相当を支払い、あとは1〜2年ごとに1万円程度の支払いをしていく」というのが、もっともオーソドックスな料金例ですので、参考にして下さい。

 

悪徳な保証会社を避けよう!

連帯保証人のなり手が居ない、という人にとって、保証会社はとてもありがたい存在なのですが、業者選びには気をつけなければいけません。

 

なぜなら、保証会社を名乗る業者の中には、ヤクザまがいの悪徳業者も混じっているからです。

 

悪徳な保証会社を避けるためのコツとしては、

 

最低でも5年以上の経営実績がある
ホームページ等に会社概要の記載がきちんとある

 

最低限でも、この2つの条件をクリアしている保証会社を選ぶようにしましょう。