引っ越し作業員への心づけについて

引っ越し業者に引っ越し作業を依頼する、となると、気になることのひとつが「引っ越し作業をやってくれる作業員への心づけをどうすればいいか」という点です。

 

心づけは渡したほうがいいのでしょうか、それとも不要なのでしょうか?

 

心づけは必要か?

ではまず最初に、もっとも気になる事項からお答えしましょう。
「心づけは必要なのか、それとも不必要なのか」と言うと・・・

 

ズバリ、原則としては「不要」です。

 

そもそも引っ越し費用の中には、当然のことながら作業員の人件費も含まれているわけですから、それ以上のお金を作業員に支払う義務はどこにも存在しませんし、心づけを渡さないからと言って、引っ越し作業が乱暴におこなわれるなんてこともありません。もしそんなことをすれば、業者にクレームを入れていいレベルです。

 

というわけで「心づけを渡さなくても、損をすることは特にない」というのが事実。

 

ですが、そうした背景があるにしても、私としては「できることなら、心づけは用意したほうがいい」と言いたいのです。

 

心づけを用意したほうがいい理由

というわけで、心づけは原則としては不要なのですが、それでも私が心づけを渡すことをあえておすすめする理由は何かというと・・・

 

「作業員側の人間心理として、もらえたほうが嬉しい、というのは間違いない」という事実があるからです。

 

あなたももし引越し作業員の立場なら、引っ越し作業を始める前に「よろしくお願いします」と笑顔で言われて、心づけを渡してもらったほうが、より仕事を頑張ろうという気になりませんか?お金はたとえ少額でも、それを渡そうとする気持ちが相手側にあるのとないのとでは、やはり印象は違います。

 

心づけなしでも、「手抜き・乱雑な扱い」をされることはまずないでしょうが、ほんの少しの心づけをするだけで「より丁寧・親切に引っ越し作業をしてもらえる」という大きなプラスの可能性が出てくるのです。

 

心づけの相場

では、心づけを渡す場合に、1人当たりどのくらいの金額を渡せばいいのかというと・・・1人あたり、1000円がちょうどいい金額と言えるでしょう。
1人あたり2000円も3000円も渡すのは渡しすぎです。

 

どうですか?このくらいの金額なら、「スッキリ渡して、気持ちよく引っ越し作業をやってもらったほうがいい」と思いませんか?単身者の引っ越しなら、作業員の数も少ないですから、心づけの負担も大きなものにはなりませんよ。

 

心づけを断る業者もある

というわけで、私としては心づけを渡すことをおすすめしたいのですが、引っ越し業者の中には「心づけを受け取ることを禁止している」というところも、ごくまれにあります。

 

そんな時は心づけを引っ込めて、その分、冷たい飲み物などの差し入れをするのがいいかもしれませんね。
引っ越し作業は汗をよくかく重労働なので、飲み心地がいいスポーツドリンクや炭酸飲料が特によく好まれる傾向があります。

 

旧居から引っ越し作業車への荷積みが終わったタイミングおよび、新居への荷運びや設置が終わったタイミングで、小さなペットボトルの飲み物を各作業員に渡してみてはいかがでしょう。