重要事項説明書について

新居の入居契約をする際に必要となってくる書類が「重要事項説明書」および「賃貸契約書」です。

 

ここではまず、重要事項説明書についてご説明しましょう。

 

重要事項説明書とは

重要事項説明書とは、その名のとおり、「新居の賃貸契約に関する、重要な内容を書き記したもの」であり、この重要事項説明書の内容は、賃貸契約をむすぶ前に入居者に必ず説明しなければいけない、ということが法律で義務付けられています。

 

重要事項説明書の内容説明は、賃貸契約を仲介する不動産屋によっておこなわれますよ。
「宅地建物取引主任者(宅建主任者)」という国家資格を持った人のみが、この重要事項説明書の説明をする権利があります。
そして宅建主任者が説明を始める前には、「自分が資格保持者である」ということの証明のために、主任者証を提示する必要があります。

 

重要事項説明書の内容

では、重要事項説明書には具体的にどんな内容が書かれているのかというと・・・
おおむね、大半の重要事項説明書において以下のような内容が含まれることとなります。
(項目名等は、各重要事項説明書によって若干ことなりますのでご了承下さい。)

 

貸主などの表示(大家や管理会社など)
建物の表示(物件継承や所在地・構造や築年数・間取りなど)
登記簿に登録された事項(建物の所有者が誰か、などの記載
建物の設備の状況(照明器具やエアコンが付帯設備としてついているか、など)
水・電気・ガスの施設の整備状況(電気容量やガスの種類・給排水設備の状況など)
授受される金額(家賃や敷金礼金・駐車場代・共益費など、賃貸物件のお金にまつわる説明)
契約の種類・期間・更新などに関する事項(普通契約借家か定期借家か、などの契約種類や、何年更新で更新料はいくらか、など)
契約解除に関する事項(入居者から契約解除を申し出る際の条件や、何か月家賃を滞納すると契約解除されるか、など)
利用の制限に関する事項(ペット不可・楽器不可など)
敷金精算に関する事項(退去する際の修繕費やクリーニング費など、どこまで負担しなければいけないか、など)
管理の委託先(ここに書かれている業者が、入居期間中の連絡先となります)

 

重要事項説明書の説明を聞く時の注意点

重要事項説明書には、実に多くの事項が書かれており、しかも「何となく難しそうな言葉、分かりにくい言葉」がよく使われているので、説明を聞いている間にウンザリしてしまう人も少なくありません。

 

しまいには「もう説明が難しくて長くて面倒だから、さっさとハンコ押して終わりにしたい」なんて気持ちになってしまうことも・・・

 

ですが、重要事項説明書というのは、そこに署名捺印をした以上、「この説明書の内容にすべて同意しました」という意味を持つことになります。

 

ですからたとえ面倒でも、意味が分からないことなどがあれば、そのまま聞き流したりせず、理解・納得できるまで質問してみましょう。

 

説明をしている宅建主任者が、もし「質問に答えようとしない」などという態度をとるようなら、絶対に重要事項説明書に署名捺印はしないで下さい。その不動産屋との契約そのものを、白紙に戻してもいいくらいです。