賃貸契約書について

新居の入居契約をする際に必要となってくる書類と言えば、「重要事項説明書」および「賃貸契約書」。

 

ここでは、賃貸契約書についての説明をしていきましょう。

 

賃貸契約書とは

賃貸契約書とは、正確には「賃貸借契約書」というもので、賃貸契約を結ぶ前に確認・同意しておくべき賃貸条件や禁止事項などの、さまざまな事項が記されています。

 

これだけを聞くと、「重要事項説明書と似たような内容」と思いがちですよね。確かにそうですが、だからと言って「さっき重要事項説明で聞いたのと同じだし」と油断してはいけません。
賃貸契約書の内容の中には、重要事項説明書には含まれていなかったものが出てくることもありますし、何より「書類の重要度として、賃貸契約書の内容のほうが、重要事項説明書よりもさらに上」という事実があるのです。

 

賃貸契約書で確認しておくべきポイント

賃貸契約書の内容は、かなりの部分が重要事項説明書との内容と似ていたり、重要事項説明書の内容をさらに細分化したものが含まれていますが、ここでとにかくチェックしておいてほしいのは「入居者である自分にとって、あまりにも不利な一方的な条件を混ぜ込まれていないか」という点です。

 

たとえば、「クロスに人為的なキズや汚れもがなく、自然劣化の範囲できれいな状態であっても新品張替えの費用を原状復元費用として入居者に支払わせる」など、自然劣化の範囲まで原状復元費用を求めるような内容が書かれているケースは少なくありません。

 

実際には、契約書に「入居者にあまりにも不利な内容」が書かれていると、トラブルが起こった際は裁判まで持っていけば、「契約書が無効」ということで入居者側が勝てる可能性が高いのですが、そこまでやれる入居者は決して多くありません。

 

むしろ「不利な条件で契約した証拠」をつき出されることで、しぶしぶ「義務の範囲を超える原状復元費用を出す」など、泣き寝入りに近い状態になってしまう入居者のほうが多いのです。

 

そうしたトラブルを防ぐためにも「自分にとって不利な内容、納得できない内容はないか」という点は特に注視しておきましょう。スミからスミまでしっかりと読み、納得してからでないと、署名捺印はしてはいけません。