新居の掃除をしておこう

引っ越しで新居に荷物が運ばれる前にやっておきたいことと言えば、新居の掃除です。

 

もちろん、新居の掃除というのは、大家や管理会社が入居前にやってくれているのが普通ですが、それでも、入居日までに多少のホコリが積もったりするのは避けられません。

 

気持ちよく新生活のスタートを切るためにも、新居の簡単な掃除はぜひやっておきましょう!

 

新居の掃除をするタイミングは?

新居の掃除をするタイミングは「引っ越しの前日に新居に行き、掃除をしておく」というのが理想と言えば理想ですが、引っ越し前の忙しい時に、そんな時間を作るのは難しいでしょう。

 

ですから引っ越し日当日、新居についたらすぐ、荷物が新居に運びこまれる前にササッと掃除をしておきましょう。

 

新居の掃除をササッと済ませるための必須アイテム

新居の掃除をササッと手早く済ませるための必須アイテムは、掃除機およびフローリング用のワイパーです。

 

フローリングの床はワイパーでサーッと手早く汚れを拭き、ワイパーが使えない和室は掃除機をかけましょう。

 

これでとにかく、何よりも先に「床の掃除」を荷物が運び込まれる前に済ませることが大切です。

 

あとから窓や水回りの掃除もしておこう

床を手早く掃除したら、もう荷物の運び入れが始まるはず。ここからはしばらく、設置場所の指示などがあるため掃除作業はできないでしょうが、引っ越し作業が終わったら、窓や水回りの掃除もしておきましょう。

 

また、引っ越し業者によっては、オプションサービス等で新居の掃除を頼むことができる業者もありますから、そうした業者を選ぶというのもひとつの手ですよ。

 

自分でやるのは手間がかかるし、業者に頼めばお金がかかる新居の掃除・・・確かに面倒な作業だとは思いますが、これをやるのとやらないのとでは、「新居に感じる快適度」がまるで違いますよ。

 

あと、この新居掃除の際に、もしキズや取れない汚れなどに気がついたら、その点は必ずメモし、早急に大家や管理会社に報告することが大切です。
業者に掃除を頼む際は、「キズや汚れに気づいたら教えて下さい」と伝えておきましょう。