引っ越し時の貴重品の取り扱いについて

引っ越し時の荷物の運搬は、基本的には引っ越し業者がやってくれますが、それでも「すべての荷物を引っ越し業者にまかせる」ということはできません。

 

貴重品は預かってもらえない

なぜ、「すべての荷物を引っ越し業者にまかせる」ということができないのかというと・・・現金をはじめとした貴重品類は、「引っ越し業者が取扱いできる荷物の範囲」を超えているからです。

 

たとえ「すべてをおまかせするパック」などを利用したとしても、貴重品となると話は別。運搬荷物の一部として預かってくれるような引っ越し業者は、まずありません。

 

貴重品は、自分でひとまとめにして、自分の手で新居まで持っていかなければならないのです。

 

貴重品となる範囲

では、どこまでが「貴重品」の範囲に入るのかというと・・・
基本的には以下のような内容になります。

 

現金
何らかの中身が入った財布
株券や商品券などの有価証券
通帳・証書
キャッシュカードやクレジットカード・電子マネーカード
運転免許証をはじめとした本人確認書類
印鑑
カギ
骨とう品
美術品

 

これらの貴重品は、基本的には「自己責任で新居に持ち運ぶ」という形になります。

 

ただ、「印鑑は貴重品」と言っても、たとえばシャチハタ印などの「銀行印や実印としては使えない簡易なハンコ」は、貴重品と見なさなくても問題ないでしょう。

 

また、骨とう品や美術品に関しては、「量が多くて自分では持ち運べない」というケースもありますよね。こんな場合は、まずは引っ越し業者に相談してみましょう。別料金のオプション等で運搬を引き受けてくれるかもしれませんよ。

 

また、引っ越し業者側での骨とう品や美術品の対応が無理だったとしても、まだあきらめる必要はありません。「引っ越し業者とは別に、骨とう品や美術品の運搬を専門的に請け負っている業者に頼む」という手もありますよ。

 

貴重品をこっそり梱包荷物に混ぜたらどうなる?

というわけで、現金をはじめとした貴重品は、「自分で持ち運ぶ」というのが基本的な鉄則ですが、「貴重品を自分の手元に集中させるのは責任が重くなるようで嫌だ」などと考え、普通の荷物の梱包時に、こっそり貴重品を入れてしまおう・・・と考える人も少なくありません。

 

もちろん、これをやって「何の問題もなく引っ越し完了」になればいいのですが、中には「入れたはずの現金がない」など、トラブルになるケースもあります。

 

ですがこの場合「貴重品を預かれない」という趣旨が書かれている契約書の内容を無視して、勝手に貴重品を入れた、ということになりますから、たとえ紛失等があっても、引っ越し業者にその責任を取ってもらうことはできません。

 

つまり「こっそりと梱包荷物に貴重品を入れるなら、いざという時の泣き寝入りも覚悟する必要がある」ということです。そのリスクを考えると、やはり、少々気が重くても、貴重品は自分の手元にひとまとめにしておく、ということがベストだということが分かりますね。