マンションに住む?アパートに住む?

引越しにおいては、「物件探し」も非常に重要となってきますが、数多くの物件からやみくもに探すよりも、まずは「マンションにするか、アパートにするか」という点だけでも決めておくのがおすすめです。

 

なぜなら、マンションとアパートというのは「似ているようで、いろいろ違いがあるもの」だからです。「形態による違い」を先に知っておき、どちらを選びたいかを明確にしておけば、それだけで「物件の絞り込みの第一歩」を踏み出せますよ。

 

マンションとアパートの違い
マンションとアパートというのは、どこで区別されるのかというと、これは建物の形態によって区別されます。

 

マンションというのは、基本的には鉄筋コンクリート(RC)造りで、3階建て以上の集合住宅を指します。

 

これに対して、木造や軽量鉄骨造りの集合住宅が、アパートとなります。(コーポ・ハイツなどとも呼ばれます。)

 

中には、木造や軽量鉄骨造りにもかかわらず「マンション」と名乗っているような物件もありますが、こうした物件は、一般的なマンションと構造的に異なるものなので、木造や軽量鉄骨造りである以上、「実質的にはアパートと同じ、つまりアパートとみなしてOK」と考えて分類するといいでしょう。

 

マンション・アパート、それぞれのメリットとデメリット
では、次にマンションとアパート、それぞれのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

 

まず、マンションのメリットとデメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

 

メリット
●構造上、アパートよりも遮音性・耐震性・耐火性にすぐれている。特に、分譲マンションの一室が賃貸に出されている場合は、このメリットがより大きい。
●利便性の高い駅近物件が多い。
●防犯カメラの設置など、セキュリティ面も考慮された物件が多い。

 

デメリット
●アパートよりも家賃が高め。
●アパートと同家賃クラスで探すと部屋が手狭になる。

 

次に、アパートのメリットとデメリットを挙げていきましょう。

 

メリット
●マンションに比べると家賃が安い。
●同家賃クラスのマンションと比べると部屋が広い。
●ロフトがついている物件もある。

 

デメリット
●駅からやや距離がある物件も多い。
●マンションより遮音性・耐震性・耐火性が低い。
●建物の見た目がマンションより貧相。

 

これらのメリット・デメリットをざっくりとまとめてみると、「物件のクオリティの高さと利便性を重視したいならマンション」「広さと安さを重視したいならアパート」という傾向があることが分かります。

 

それぞれのメリットとデメリットを比べて、自分が賃貸物件に求める要望に近いのはどちらかのタイプなのかを見きわめ、「マンションかアパート、どちらを選ぶか」を決めていきましょう。