連帯保証人を頼む際の心得

賃貸物件入居の際に、意外と大きなハードルになってくるのが「連帯保証人」です。

 

近年では「連帯保証人不要」の物件もちょこちょこ出回ってきていますが、「連帯保証人不要の物件からのみ探す」となると、まだまだ選択肢は少ないですし、何より、「連帯保証人不要な分だけ、家賃が高めに設定されている」というデメリットも生みがちです。

 

だからこそ、「連帯保証人になってくれる人を見つける」というのはとても大切なポイントとなってくるのです。

 

賃貸物件における連帯保証人とは

ではまず始めに、賃貸物件における連帯保証人とはどういうものか、それをご説明しましょう。

 

連帯保証人とは、簡単に言えば「入居者が家賃を滞納した際には、その家賃を代わりに支払わなければならず、しかも家賃支払いの請求に対して、大家や管理会社等に一切文句を言えない」という立場の保証人です。

 

ちなみに、連帯保証人と混同されやすい存在として「保証人」が挙げられますが、連帯保証人とどう違うのかというと・・・

 

保証人も「入居者の家賃滞納が発生した際、それを代わりに支払う義務がある」というところは同じですが、保証人の場合は、請求してきた大家や管理会社に対して、「まず、もっと入居者に強く支払いを催促して下さいよ、あの人は家賃を支払えるだけのお金はあるはずです」というような抗弁をする権利があります。

 

ですが連帯保証人には、「先に、入居者にもっときちんと請求して下さい」などという抗弁をする権利さえ、一切認められていないのです。

 

またさらに、入居者が逃げてしまった時は、置き去りにされてしまった家財の処分や、住戸の原状復元の費用も、請求されればすべて連帯保証人が支払わなければいけません。この点についても「先に入居者の行方をもっときちんと捜して下さいよ」などという抗弁はできません。

 

連帯保証人には誠心誠意の対応をしよう!

というわけで、賃貸における連帯保証人にふりかかる責任と義務は、途方もなく大きいものなので、ハッキリ言えば誰もが「できることなら引き受けたくない」と思うのは当たり前です。

 

ですから、連帯保証人になってほしいと頼む際には、「自分は、この人に対して、とんでもなくリスクの高いお願いをしているのだ」ということを十分に理解して、誠心誠意の対応を心がけましょう。「家族・親族なんだから、長年の親友なんだから引き受けてくれてもいいじゃん」などという傲慢な考えや態度で頼むのは論外です。

 

ちなみに私の友達は、連帯保証人を親族に依頼する際、手土産を持って行ったのはもちろんのこと、給与明細や預金通帳・証書を持参して、「これだけ収入・貯金があるから、家賃が支払えなくなるなんてことは絶対にない」ということを確認してもらうという手法をとりました。こうした手法で「連帯保証人になっても、この人ならリスクが少ない」という安心感を与えるのも、いい手だと思いますよ。

 

連帯保証人になってくれる人が居ない場合は

連帯保証人になってくれる人が居ない場合は、民間の保証会社にお金を支払って保証してもらう、という手もあります。

 

ただし、保証会社の保証は「お金さえ支払えば誰でも受けられる」というものではなく、保証会社による審査がありますので、その審査に通らなければ、保証会社からの保証も受けられない、ということになります。

 

また、保証会社は、入居者の滞納家賃を一時的に立て替えてはくれますが、当たり前の話ですが、その立て替え分のお金は、保証会社が入居者に対してしっかりと取り立てますよ。