「新居に対する条件」を事前に決めよう

賃貸物件の絞り込みにおいて役立つのが、「事前に、新居に対して求める条件をはっきりさせておく」というやり方です。

 

それを考えていくうえでのポイントを、ご紹介しましょう。

 

「新居に対する条件」を設定する方法

「新居に対する条件」を設定するのは、意外と簡単。

 

なぜかというと・・・「自分にとって、何とか許容できる範囲の条件を設定していく」というだけでOKだからです。

 

たとえば、「家賃は月10万円までなら何とか支払えるけど、ワンルームとか狭いのはイヤ」という人なら、

 

家賃は10万円以下
部屋が2部屋以上あること

 

という、2つの条件が設定されることになります。

 

このような感じで、家賃・駅までのアクセス・通勤のための所要時間・物件そのものの広さ・ひとつひとつの部屋の広さ・築年数・敷金や礼金などの初期費用の額・階数(1階は嫌、など)・駐車場の有無やその料金・お風呂のタイプ(お風呂とトイレが一緒でも許容できるか、追い炊き機能が無くても許容できるか)などといった「何とか許容できるレベルの条件」を、思いつく限り挙げていきましょう。

 

ただし、「許容できるレベル」というのを、高く設定してはいけません。

 

たとえば「家賃は3万までしか払えないけど、築2年以内で広くてターミナル駅から徒歩5分以内・バストイレ別で敷金礼金ゼロの高層マンション」などという高望みな条件を出してしまうと、もう、実質的には物件探しがほぼ不可能。
それこそ、よほどいわくつきの事故物件でもない限り、まずありえないでしょう。

 

あくまで「現実的な範囲かつ、妥協できる最低限のレベル」で条件付けをしていくことが大切なのです。

 

「どうしても譲れない条件」を3つに絞ろう

さて、あなたなりの「新居に対する条件」を思いつく限り書き出したら、その中から、「数ある条件の中でも、特に、どうしても譲れない条件」を3つだけ選び出しましょう。

 

そして、「まずはこの優先3条件をすべて満たしている物件から探す」というやり方をしていくのです。

 

そして、3条件を満たしている物件の中からさらに「どれだけ、他の条件も満たせているか」で比較していくと、物件の絞り込みがやりやすくなります。

 

条件付けからの物件探しをうまくやるコツ

こうした「新居に対する条件付け」からの物件探しをうまくやるためのコツが、ひとつあります。

 

それは「さまざまな条件の妥協範囲を探す中でも、築年数は最大限妥協するよう心がける」ということ。

 

築年数が古い物件は、家賃、広さ、敷金・礼金などにメリットのある物件もなかなか多いので、意外と穴場なのです。

 

ですが、築年数が古い物件となると、設備の古さが気になりますよね。
たとえば「トイレがウォシュレットどころか暖房便座ですらない旧式」というのがありますが、これって実は、特殊な形状(やたらに便器が小さい、など)の便器以外なら、後付けでウォシュレット便座を取り付けることもできるんですよ。

 

「勝手に取り替えちゃダメなんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、元からあった便座をきちんと保管して、退去の際にまた入れ替えて「原状復元」ができれば問題ありません。事実、私の夫も独身時代にこの手を使って、古いアパートで快適なウォシュレット便座を使っていましたよ。

 

このような形で、築年数が古い物件でも、ちょっとした工夫で快適にできる余地はじゅうぶんあるのです。さすがに「今にも崩れそう」という感じのボロ物件は論外ですが、そうでなければ築年数の古い物件も積極的に検討してみる、ということを心がけてみることをおすすめします。